つい先日、自分がひやりと感じたことがあった。
そんなに遅い時間ではないが、街灯がそんなに多くはなく駐輪場が近い歩道がガードレールなどで区別されていない、白線だけで線引きされている道路。

わたしは最寄駅まで自転車通勤のため、その駐輪場も周辺道路もよく利用する。

その日もいつも通り会社を定時であがり、駐輪場で自転車を回収し、すぐ近くに信号まで自転車を押して向かおうとした。
駐輪場が道の角に建っているため、右に曲がったらすぐに信号だ。

向こうからまっすぐ走ってくる自転車や車とぶつかるのを避けるため、いつも大回りして曲がっていた。
その日も同じように。

曲がろうとしたとき、ちょうど信号が青になっていたようで左から車のライトが見えたので、曲がるのをやめて立ち止まった。

ふと、曲がりたかった右を見ると信号は青。

ふと、右の道路に車が向かってきているのに、広がって携帯を見ながら歩く夫婦の姿。

「うわぁ~・・・」と思いながら視線を自分の手元に戻そうとしたとき、
白線の内側と外側をふらふらしながらペダルのない自転車を足で懸命に漕いで?いる3~4歳くらいの男の子。

母親はすぐに助けられる位置にはいない。

街灯の少ない、夜の道路で、子どもから目を離し、且つ子どもが恐らくそんなに慣れていない道具に乗り、
一緒にいるわけでなく先を走らせるなんて・・・

車が子どもと近い距離になってようやく母親が近寄ってきたが、父親は携帯を見ながらまだ道路を真ん中よりに歩いていた。

正直、車も乗る身分をしては運転手の人が可哀相でならなかった。

常識のない親のせいで、これで子どもがふらついて転んで車にぶつかっても
親は車のせいにし、車は責任なき過失を負わされるんだなぁと。

子どもが事故で亡くなるっていうのはよく見る。
でも小さい子がなんで親と一緒にいるのに亡くなるんだろうってすごい疑問だったけど、
ああいう親のせいなんだって理解した。

子どもを亡くした親を責めないけど、そして最近はルールを守っているのに相手のせいで過失をとられたりするけど、
あれは責められるべきだし、やはり歩行者がいくら弱者であったとしても、
ルールを破っている以上は強者・弱者関係なくきちんと責められ、罰せられるべきではないかと思った。

3~4歳児なんて、勝手にどっかいっちゃうんだから仕方ないとかいうバカいるけど、
野放ししてりゃそりゃそうだ。

ああいう親にはなるまいと、勉強になった。

いや、しかしそういう最悪な事態になってもおかしくはないと思うと・・・

本当にひやりとした瞬間だった。