デザートは別腹と言われていますが、私も毎食後にフルーツやプリン・ゼリーなどを食べていました。「フルーツは、糖分が多いので夕食の後に食べると太りやすい。

」と聞いても甘い物が欲しくなってついつい食べていました。
あるテレビ番組で食事後にフルーツを食べた場合、血糖値の上昇が始まっているため野菜なみのカロリーであってもフルーツのカロリーが加算されてしまうので、フルーツは食後ではなく食事の前に食べることで体によい効果が得られるという内容を紹介していました
フルーツには、食物繊維が含まれているため血糖値の上昇を緩やかにしてくれる効果があり、先にフルーツを食べることで食事による血糖値の上昇を緩やかにしてくれるそうです。又、ビタミンやミネラルには、新陳代謝を促進する効果がありカロリーを消費しやすくするそうです。

その日から我が家は、食事の前にフルーツを食べるようにしました。フルーツの甘さで満足し、水分がお腹に溜るので食事の量が減りました。

食べ過ぎがなくなり体が軽くなったような感じがします。お通じも快調になり家族で効果を実感しています。食事の前にフルーツを食べることを”先フル”と紹介していましたが、これからも先フルを続けます.